バルクアップアーマープロの洗濯はどうすると良い?

バルクアップアーマープロ

バルクアップアーマープロを洗濯する際ですが、使われている素材には伸縮性が高く、加圧力に大きく関わっている特殊な素材である「スパンデックス」が採用されていますので、この素材を劣化させないためにも洗濯の方法というのが大変重要となります。

 

そのバルクアップアーマープロの洗濯を行う際に押さえておくべきポイントをお伝えしていきますね。

 

 

洗濯ネットに入れてから洗濯すること!

 

洗濯を行うと、どのようなものでも生地がある程度は伸び縮みしてしまうところがありますが、バルクアップアーマープロの加圧力に関わっている生地のスパンデックスの劣化を少しでも防ぐためにも、洗濯ネットに入れて洗濯を行うことをおすすめします

 

 

洗濯ネットに入れることで、通常の洗濯時よりも素材の劣化を軽減させることが出来ますので、より長くバルクアップアーマープロを使うことができることへと繋がります。

 

 

また、洗濯をされる際は素材の劣化を避けるためにも、

 

塩素系の漂白剤の使用は避ける

 

ようになさってくださいね。

 

 

洗濯後に脱水させる場合ですが、あまり長く脱水させると負荷をかけてしまいますので、脱水時間は短め(弱め)に行ってください。

 

 

脱水を手で行う場合は、捻るような感じで強く絞るようなことはしないで、軽く抑えて水分を出すようになさってください。

 

 

洗濯方法で一番理想の方法は手もみ洗い!

バルクアップアーマープロ

バルクアップアーマープロの素材の劣化を防ぐには、出来る限り負荷をかけないことが大切なポイントですが、そのことに最も適した洗濯の方法は「手もみ洗い」となります。

 

 

洗濯機で洗濯する場合、「弱」で洗ったとしても、どうしても手もみ洗いと比べると負荷がかかってしまいます。

 

 

そのため、手もみ洗いによる洗濯を行うことで、洗濯機を使用する時よりも長く使うことが期待できます。

 

 

バルクアップアーマープロを少しでも長く使えるということは、その分、コストも抑えられるということになりますので、可能な範囲内で構いませんので、出来れば手もみ洗いによる洗濯をされることをおすすめします。

 

 

どうしても手もみ洗いが難しい場合は、洗濯機の「弱」で洗濯ネットに入れた状態で洗濯なさってくださいね。

 

 

手もみ洗いをされる場合ですが、あまり高い温度のお湯の使用は劣化を早めてしまいますので、

 

40℃以下のぬるま湯で行う

 

ようになさってください。

 

 

乾かす際は乾燥機の使用は絶対に避けること!

 

洗濯後、早く乾かしたいという想いをお持ちの方もおられるかと思いますが、そのために乾燥機を使われることは絶対にしないでください!

 

 

と言いますのも、乾燥機を使われると、バルクアップアーマープロの素材の劣化を早める恐れがあるからです。

 

 

せっかく、気を付けながら洗濯をされても、乾燥機を使ってしまっては全てが台無しとなってしまいますので、乾燥機は使わず、外干しにて乾かすようになさってください。

 

 

外で干す時も、直射日光は避けて「日陰干し(風通しが良ければなお良い)」にて乾かしてください。

 

 

バルクアップアーマープロ

バルクアップアーマープロの正しい着方や使用する際の注意点などをこちらの記事でお伝えしていますので、よろしければご覧になられてみてくださいね。